バナー

Welcome to my homepage

オルニチン

  • 次に【オルニチン】。

    オルニチンはシジミ(蜆)の主成分とて有名。
    【カルバモイルリン酸】と生化学的に反応させると【シトルリン】になるんだって。
    という事は・・・主人に【シジミとスイカ】を食べさせておけば主人の下半身は元気でいられるという事かしらね。

    【オルニチン】もアミノ酸の一種。
    尿素回路を構成する物質として働き、【アルギニン】の分解によって作られる物質なのよ。

    さっきも【尿素回路】ってキーワードが出てきたけれど、これは【代謝】や【デトックス】に関するものらしいわ。
    この代謝回路は、ほとんどの脊椎動物が持っているものらしくて、これら一連の代謝回路による反応は、肝細胞のミトコンドリア、サイトゾル内で行われているんだって。

    オルニチン含有の食物はシジミだけではないわ。
    シジミ程ではないけれど他にもあるの。
    その一つがマグロで、特にキハダマグロには多く含まれているらしいの。
    確かにカラダが大きいこともあって、その分だけ含有量も多いのだけど、同じグラム数で比べてみると、シジミの半分以下になってしまうみたい。
    目安としてはキハダマグロ3キレ分でシジミ1個分てなとこ。
    魚で言えば、白身のヒラメも多いみたい。
    でも、コストパフォーマンスも含めて考えるとやっぱりシジミが一番。

    せっかく夫婦になったんだから夜の営みも楽しく重ねたいじゃないの、日頃から食事の中で様々な栄養素やビタミン・ミネラルを摂取して老化を少しでも遅らせる事こそが楽しい老後生活を送る手段だと思うのよ。といっても私50歳代前半の主婦ですけど。
アルギニンシトルリンはどう?